橿原だより

平成29年7月7日

凛とした、二作のいけばな(第7回嵯峨御流いけばな紹介)

 一年の半分が過ぎ、7月となりました。今回、2つのいけばなをご紹介したいと思います。

いけばな 第7回➀

 まず始めに、花器の水際から垂直に一本に出るいけばな(写真左)は、「心粧華(しんしょうか)」という花形の中の様式で「祈り花」と言います。

 この様式は、植物本来の美しさ、生命の尊さに手を合わせる心が由来とされております。

 花材は「イトバショウ・ユリ・シャクヤク」の三種。イトバショウの大きな葉を斜めに生けることで、前から見た時の印象が重たく感じることの無い斬新な作品に仕上がっております。

 また、2つ目のいけばな(写真右)は「生花(せいか)」です。

 花材はシンプルに一種、「アガパンサス」という青紫色の花が用いられております。

いけばな 第7回➁

 この「アガパンサス」という名前は、ギリシャ語の「アガペー(愛)」と「アントス(花)」という2つの言葉の組み合わせによるものだと言われております。 

 また花言葉は「無償の愛」と言われており、見返りを求めない、凛とした立ち姿のとても美しい花です。

 今回は2つのいけばなを同時にご紹介させて頂きました。瑞々しいこの2つのいけばなから少しでも涼を感じて頂けたらと思います。

              (嵯峨御流 境将甫氏WEBサイト:蓮林

平成29年7月3日

半年間の罪穢れを祓う「夏越大祓」

 一年の折り返し月である先日6月30日、橿原神宮では夏越大祓が執り行われました。今年も御参列の皆様と共に大祓詞を奏上した後、罪穢れを形代(かたしろ)へ移し、半年間の罪穢れを祓い清めました。

<神職並びに参列者が形代に罪穢れを移します>


<罪穢れを移した形代を神職が集めます>

 この日多くの神社で夏越大祓が執り行われる中、橿原神宮の大祓には昨年より100名以上多い320名の方に御参列をいただきました。御参列の皆様には改めて御礼申し上げます。

<大祓後は皆様にお神酒を受けていただきました>


<神事後は雨空も晴れ渡り、清められた様な青空に>

 梅雨時期という事もあり昨年に引き続き屋内での神事となりましたが、大祓後の澄み渡った空は半年間の罪穢れが洗い落とされた様な、実に気持ちの良い青空となりました。この新しい半年間が皆様にとって活力溢れるより良いものとなりますよう、御祈念申し上げております。

平成29年6月26日

体用想応(第6回嵯峨御流いけばな紹介)

 この時期らしい蒸し暑い気候が続き、橿原神宮を訪れる参拝者の方々も半袖姿の方が多く見受けられるようになりました。

 今回御紹介する境将甫氏のいけばなは遊び心を持った作品に仕上がっております。

いけばな 第6回

 様式は「生花」を応用した型で『体用想応(たいようそうおう)』といい、格を保ちながらも、あえて格から遠ざかった生け方のことを指します。

 嵯峨御流の生け方を守った上で、空間に変化を与える生け方が施されております。

 花材は、➀一番上に無数に伸びているドウダンツツジ、➁球体状に花をつける紫のギガンジューム、➂ピンク色のユリ、➃ユリの足元にあしらったゴッドセフィアーナ、➄先に細長く伸びるニューサイランの五種です。

 ギガンジュームは別名”花葱”といい、タマネギの花と瓜二つの形をしております。また、ニューサイランはニュージーランドの花で、ニュージーランドを漢字表記すると「新西蘭」と書きます。この「新」を英語に直し、「西蘭」を日本語で呼んだことから「ニューサイラン」という酒語を利かせた名前となったそうです。

 「華道」の様々な約束事の中に遊び心を取り入れることで、空間を活かした迫力のある作風となっております。

 空間に合わせた生け方を五感で感じられるのもいけばなの趣かと思います。

              (嵯峨御流 境将甫氏WEBサイト:蓮林

平成29年6月24日

【申込受付中】第68回 林間学園

 今年も8月1日(火)~5日(土)に開催される林間学園の申込が12日より始まりました。林間学園は昭和24年に第1回目を開催し、今年で68回目を迎えます。

 開園当初からの数年は、「将来の日本を背負う子供達には英会話が必要である」という考えから、英会話中心の学習内容でした。もちろん自然観察やレクリエーションも当時から行われ、心身共に健やかに、学習心・研究心を林間学園を通じて培って欲しいという願いは開園当初から変わっていません。

〈朝の会に参加する参加者の皆さん(※昨年の様子)〉

〈朝の会に参加する参加者の皆さん(※昨年の様子)〉

 初めて会うお友達もいる中で、橿原神宮境内で過ごす夏休みの5日間が皆さんにとってどんな体験となるか、今から私達も楽しみにしております。
御不明点等ありましたらお気軽にお問い合せをいただければと思います。

———————————————————————————————————
【お問合せ・申込先】
橿原神宮 社務所(TEL:0744-22-3271 ※9時~16時30分まで)
※申込書に希望教室名を明記の上、会費を添えて社務所へ直接お申込みください。
※その他詳細については申込書をご覧ください。
申込書は社務所へ直接御申し出いただくか、下記よりダウンロードください。

第68回橿原神宮林間学園 申込書
———————————————————————————————————

平成29年6月20日

夏越大祓の準備、着々と

 6月も早いもので下旬に入ろうとしております。

 橿原神宮では夏越大祓(なごしおおはらえ)に向け、職員一同着々と準備を進めております。

紙垂の張り替え

 上部の写真は、清らかな気持ちで夏越大祓を執り行う為、神職が新しい注連縄へと張り替えを行っている様子です。

 神社の注連縄は現世と神域を隔てる結界の意味を持ち、神聖・清浄な場所を区画するために張られているのです。

 大祓とは、私たちが日常の生活を営む上で、知らず知らずに犯した罪やけがれを祓い清めるもので、6月と12月に斎行されます。

 6月の大祓を「夏越大祓」といい、次の半年間を心健やかに過ごす事が出来るよう祈ります。

 橿原神宮では、6月30日(金)15時より、南神門前広場にて夏越大祓を斎行致します。

 当日はどなたでも御参加いただけますので、どうぞ御参列下さいませ。

                 (橿原神宮WEBサイト:夏越大祓

 

 

平成29年6月10日

束の間の晴れ間に梅雨の揚花火(第5回嵯峨御流いけばな紹介)

 いよいよ6月に突入し、境将甫氏のいけばな紹介も第5回目を迎えました。

 今回のいけばなは、梅雨の時期にふさわしい淡い色彩を放つ花々が用いられております。

いけばな 第5回①

 様式は「瓶花(へいか)」、花材は「紫陽花(あじさい)・茴香(ういきょう)・七竈(ななかまど)」の三種です。

 花材の名前は一度は皆様も耳にしたことがあるかと思いますが、漢字で表すと同じ植物でもまた違った印象を受けます。

左:茴香(ういきょう)/右:紫陽花(あじさい)

左:茴香(ういきょう)/右:紫陽花(あじさい)

 今回のいけばなは、梅雨が到来した初夏の晴れ間に風を受け、木陰に色づく柔らかな作風となっております。

 また、白い花器が花火の尺玉のように、そして主役の花材が揚花火のように見受けられます。

 梅雨の合間の青空に心が浮き立つ季節となってまいりました。長雨の中で、淡くも力いっぱい咲くこのいけばなに心癒やして頂ければと思います。

              (嵯峨御流 境将甫氏WEBサイト:蓮林

平成29年5月31日

陽にこもる初夏の馬酔木(第4回嵯峨御流いけばな紹介)

 今回の境将甫氏のいけばなは、「馬酔木(あせび)」というツツジ科の常緑樹を花材として用いられました。

いけばな 第4回①

 「あせび」は「馬酔木」と書くように、馬がこの葉を食べると酔ったように体が痺れるところから由来されてます。また、葉を煎じると殺虫剤や皮膚病薬にも使えるそうです。

いけばな 第4回②

 葉の表面はつやがあり、枝先に集まって新葉が生えるのが特徴で、光に照らされると深緑の色が際立って見えます。

 様式は前回同様の「生花(せいか)」を応用したもので、「二管筒」という高さの異なる花器を取り入れました。

 和合する馬酔木と背景のシンプルな組み合わせながらも初夏のみずみずしい森の空気を感じる作品です。

 ご参拝の折には是非ともこのみずみずしい小さな初夏を感じて頂けたらと思います。

              (嵯峨御流 境将甫氏WEBサイト:蓮林

平成29年5月30日

平成29年 林間学園の御案内

橿原神宮では今年で68回目を迎える林間学園を開催致します。毎年恒例の林間学園は、自然豊かな橿原神宮境内にて開催。期間中は希望教科の学習を行う他、畝傍登山やレクリエーション等を5日間に渡って実施致します。
皆様の御参加をお待ち申し上げております。

【 申込開始日/締切日:6月12日(月)~7月21日(金)】

詳しい内容はこちらを御覧ください。
>>第68回林間学園の御案内

◆昨年の林間学園の様子

◆昨年の林間学園の様子

平成29年5月16日

温む水面に極楽鳥花(第3回 嵯峨御流いけばな紹介)

 少し前まで感じていた朝晩の寒さも、今では過ごしやすくなり、水や川の流れる色からも暖かさが感じられるようになりました。

 今回の境将甫氏のいけばなは南国の花を取り入れた作品です。

H29.05.13 いけばな①

 花材はストレチアというもので、別名極楽鳥花と呼称されております。

 別名の通り、色鮮やかで壮麗な極楽鳥の頭に似た花の形が特徴的です。

H29.05.13 いけばな②

 様式は「生花(せいか)」という型で、植物の自然の出生を踏まえながら秩序ある姿形を仕立て、生ける技法です。

 又、足元の花器を濃い青色にすることで、橙色のストレチアが下から照らされ、全体的にまとまりのある非常に引き締まった作風となっております。

 花と器の色合いが響き合った大変美しい作品を是非御覧下さい。

               (嵯峨御流 境将甫氏WEBサイト:蓮林

平成29年5月15日

初鮎奉献祭

 5月12日(金)に初鮎奉献祭が執り行われました。
 岐阜県・長良川で毎年5月中旬に鵜飼開きが行われます。毎年、その際に捕れた初鮎を皇室に献上し、神武天皇をお奉りする橿原神宮にも奉献されます。当日は鵜匠の使者として岐阜県のボーイスカウト役員が初鮎を持参されました。
SONY DSC
 奉献祭にて初鮎を御神前にお供えし、今年の漁の安全と、豊漁を祈りました。
 神武天皇は東遷の際に戦の勝敗を鮎で占われました。また、鵜飼の先祖である「苞苴擔の子(にえもつのこ)」は吉野巡幸中の神武天皇に会い、自ら従ったと伝えられています。

 鵜が取った鮎は「歯形の鮎」と呼ばれ、鵜のクチバシの後が付いています。
 長良川の鵜飼漁の技術は平成27年3月に国の重要無形文化財に指定され、今年も10月中旬まで行われます。
 

 
  

gbv